大阪沖縄県人会連合会規約

第1章 総   則

第1条 本会は大阪沖縄県人会連合会と称す

第2条 本会は事務所を大阪市大正区千島3-19-3大阪沖縄会館内におく

第3条 本会は一般財団法人大阪沖縄協会と協力して

(1)会員相互の親睦をはかる

(2)在阪沖縄出身者の文化の向上と福祉の増進をはかる

(3)沖縄県の重要問題の解決に協力することを以って目的とする

第4条 本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う

(1)親睦をはかるための事業

(2)会員の福祉をはかる事業

(3)諸種の援護事業

(4)その他本会の目的達成のための必要な事業

第5条 本会は前条の目的達成のため大阪府下における、各地域沖縄県人会をもって組織し、かつこれを統轄する

但し、未組織の地域は個人加入とする

第2章役員とその任務

第6条 本会の役員は次の通りとする

会 長  1名   会計監査 3名

副会長  若干名  常任理事 若干名

会 計  2名   理  事 若干名

第7条 本会の会長、副会長、会計、会計監査は、役員会で選出し、大会に報告し承認を得るものとする

第8条 会長は本会を代表し会務を統轄する

第9条 副会長は会長を補佐し、会長の事故あるときは、之を代理し会務を司る

第10条 会計は本会の会計を処理し、本会の財務を司る

第11条 会計監査は本会の会計を監査する

第12条 常任理事は本会の執行部・各地区県人会会長並びに役員会にて推薦した者がこれにあたり、会長を補佐し重要会務を処理する

第13条 理事は本会執行部、各地区県人会会長、副会長、会計、書記、監査並びに役員会で推薦した者、これに当り、会務を司る

第14条 本会に、名誉顧問、顧問、相談役を置くことができる

第15条 名誉会長には10年以上会長として勤務した者で役員会の議を経て推戴する。名誉顧問、顧問、 相談役は、役員会の審議を経て会長が之を委嘱する

第16条 名誉顧問、顧問、相談役は各種審議機関に出席し意見を述べ、会長の諮問に応ずる

第17条 本会役員の任期は2ヶ年とする

但し、再選を妨げない

役員は任期満了後も、後任者の就任するまでは、その職務を行うものとする

第3章 機   関

第18条 大会は本会の最高決議機関にして、本会の役員、顧問、相談役並びに各地区の会員数に応じた大会委員をもって組織し、毎年1回、役員会の議を経て、会長が之を招集する

第19条 大会は下の事項の議決を行うものとする

(1) 年次報告

(2) 会計報告審議

(3) 本会の運営方針

(4) 役員の選出

(5) その他重要な事項

第20条 大会の議決は大会委員出席者の過半数を以って決定する

第21条 拡大役員会は大会にかわる決議機関で、その決議事項は、次回の大会に報告するものとする拡大役員会は、顧問、相談役、本会役員を以って組織する。拡大役員会の議長は会員中より、選出する

第22条 役員会は本会の各役員並びに事務局各部長を以って組織し執行部会の議決を経て、会長が招集し本会の事業その他の審議にあたるものとする

第23条 常任理事会は会長、副会長、会計、会計監査、常任理事並びに事務局各部長をもって構成し、執行部会の議を経て、会長が之を招集し、本会の事業運営並びに重要審議にあたる

第24条 執行部会は、会長、副会長、会計、会計監査、並びに事務局各部長を以って構成し年次計画その他重要な審議にあたる

第25条 執行部会には本会業務遂行のために事務局を置く

但し、必要に応じ他の部局を置くことができる

各部局長は執行部会の議を経て、会長が之を任免する

部局規定は別に之を定める

第4章 会計及び会費

第26条 本会の経費は下の項目を以ってこれに充てる

(1) 会員の会費

(2) 賛助会費

(3) 寄附金

(4) その他事業費

第27条 本会々員は各地区県人会を経て、年度始めに会費を納付するものとする

但し、個人加入者は年額を直接会計に納付するものとする

第28条 賛助会員は年額5,000円以上を年度始めに本会計へ納付するものとする

第29条 本会の会計年度は4月1日に始まり翌年の3月31日に終る

第5章 附   則

第30条 本会の規約改正の必要あるときは、執行部会並びに役員会の審議を経て大会にはかり、出席者の3分の2以上の賛成がなければ之を改正することができない

第31条 本会々費を納付しない者並びに本会の名誉を棄損した行為のあった者は役員会の議を経て除名処分にするものとする

第32条 本規約は、昭和47年11月29日より之を実施する

以 上